カギ110番 by生活110番電話一本で最短5分で対応累計問合せ件数210万件以上

最新情報・レポート

鍵穴の中で鍵が折れたときの解決法!絶対やってはダメなケースに要注意

鍵が中折れした!自力で取り出すことはできる?正しい対処法を紹介

鍵が折れたときの対処法はいくつかありますが、最もリスクが少ない方法で解決するなら鍵業者に依頼するのが賢明です。業者は費用がかかるからできれば避けたいと考える方も多いかと思います。しかし、自分で解決するにしても、お金とさらに時間もかかってしまうのが現実です。

例えば、鍵が折れたら鍵穴の中に残ったパーツを取り出すための工具が必要となり、かかる時間と成功率は手先の器用さと運次第です。

「結果が未知数でも自分でやってみたい!」とお考えの方のために、今回は家にあるものでできる対処法もあわせてご紹介していきます。DIYで注意したいのは、間違った対処法を選ぶと鍵穴の破損の原因になり修理費用が増大してしまう点です。事前に正しい対処を学び、失敗や後悔のない解決策を選びましょう。

折れた鍵を自分で解決するときのポイント

鍵穴の中で折れた鍵は、自力で対処できるか判断する必要があります。中折れした鍵が鍵穴から出ていれば、ピンセットや接着剤を使って取り出せる場合がありますが、やり方によっては症状が悪化してしまうおそれがあるので慎重におこなわなければいけません。

安全に折れた鍵を取り出したい場合は、カギ110番にご相談ください。カギ110番にご依頼いただければ、最短5分でお客様のもとへ駆けつけられます。お客様からのご相談は、無料の専用窓口で24時間365日受け付けております。まずは、下記の電話番棒からお問い合わせください。

鍵開け・鍵交換・鍵修理 急な鍵トラブルを解決!

こんなときはお気軽にご相談ください!

  • 鍵を失くした
  • 鍵が折れた
  • 鍵が抜けない
  • 鍵が回らない
  • 鍵を交換したい
  • 鍵を取り付けたい

累計問合せ件数210万件以上

24時間365日・日本全国受付対応

無料通話
0120-270-122 メールで相談する
※弊社運営サイト全体の累計問合せ件数

鍵開け・鍵交換・鍵修理 急な鍵トラブルを解決!

こんなときはお気軽にご相談ください!

  • 鍵を失くした
  • 鍵が折れた
  • 鍵が抜けない
  • 鍵が回らない
  • 鍵を交換したい
  • 鍵を取り付けたい

累計問合せ件数210万件以上

24時間365日・日本全国受付対応

無料で電話相談する
通話
無料
0120-949-604
LINEで相談する
※弊社運営サイト全体の累計問合せ件数

自力で対処できるか判断するポイント

鍵 折れた A 折れ

中折れした鍵を自分で解決できるかは、折れた鍵が鍵穴から出ているかどうかで判断しましょう。折れた部分が奥まで差さっておらず鍵穴から出ていれば、はみ出ている部分を利用して引き出せる可能性があります。

折れた鍵が奥まで入り込んでしまっている場合は、自分で取り出すのは難しく失敗するリスクが高いので、無理をせずプロの業者に任せましょう。むやみに取り出そうとすれば、シリンダーごと交換しなくてはならなくなり、余計な費用がかかってしまうおそれがあるので注意してください。

鍵の中折れを自力で解決する方法

中折れした鍵を自分で取り出すには、いくつかの方法があります。どの方法も、鍵を奥に入れ込まないように慎重におこなってください。

ピンセットやペンチなどで引き出す

鍵 折れた C ピンセット奥

ピンセットやペンチで、折れた鍵のはみ出している部分をつかめれば引っ張ることで取り出せます。鍵をつかむときと引っ張り出すときは、ゆっくりおこなうのがポイントです。あわててつかもうとすると、誤って鍵を奥へと押し込んでしまうおそれがあります。

接着剤で鍵を接着して引き出す

鍵 折れた D 接着剤

ピンセットやペンチなどでつかめない場合は、瞬間接着剤を使って折れた鍵を引き出す方法もあります。折れた鍵の断面に瞬間接着剤を付けて、持ち手部分の鍵をくっつけます。そして接着剤が乾くまで固定したあと鍵を引っ張り出します。

ただし、折れた部分が鍵穴の奥まで入り込んでいる場合に接着剤を使うのは避けるようにしてください。鍵の断面に付いた接着剤が鍵穴に垂れて固まってしまうと、折れた鍵が引き出せなくなります。

ピンバイスを使って引き出す

鍵 折れた E ピンバイス

ピンバイスは、先端にドリルが付いた細かい穴を空けられる工具で、ホームセンターや100円ショップなどで入手できます。お尻部分を手のひらに固定して、親指と人差し指を使ってドライバーのように回転させて使います。木材やプラスチックなどは比較的簡単に穴を空けられますが、鍵のような金属ともなると根気がいる作業になります。

折れた鍵を引き出すには、角度をつけて断面に穴を空けるのがポイントです。そして断面に穴が空いたら、ドリルを刺したままピンバイスを引っ張ります。穴を空けるときに正面から力を入れると、鍵が余計に奥に入り込んでしまうので必ず角度をつけるようにしてください。

ピンバイスを使って引き出すのは難易度が高いだけでなく、せっかく購入しても他の用途がない場合はもったいないかもしれません。また、失敗のリスクも高いため、不安な場合はプロに鍵抜きを依頼するのがおすすめです。

シリンダーごと取り外す

鍵 折れた B シリンダー外し

扉が開いているときに鍵が折れてしまった場合は、シリンダーを取り外して対処できます。シリンダーを外して折れた鍵を取り出すのは、以下の手順です。

  1. ドア側面の金属板に付いたネジをプラスドライバーで外す。
  2. 金属板を外したあとシリンダーを固定しているピンを外す。
  3. シリンダーを取り外し、鍵穴に残った部分を針金などで裏側から押し出す。

シリンダーを取り外して鍵穴の折れた部分を取り出すには、分解してさらに組み立て直さなくてはいけません。また、メーカーによってシリンダーの構造や分解方法も異なります。

むやみに自力でやろうとすると元に戻せなくなるおそれがあるため、専門的な知識がない場合はシリンダーの取り外しはおすすめできません。自力でシリンダーを分解するのに不安がある場合は、プロの業者に依頼して折れた鍵を取り出してもらうか新しいものに交換してもらいましょう。

鍵交換のお悩みはカギ110番へご相談ください!
通話
無料
0120-270-122 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査 お見積り 無料!

自力で対処するときにやってはいけないこと

自力で中折れの鍵を取り出すとき、間違った対処法では鍵穴の劣化や破損をまねくおそれがあります。場合によっては、シリンダーの交換が必要になるので注意してください。

鍵穴に鍵穴専用ではない油を注入する

鍵穴に鍵穴専用ではない油を注入する

鍵穴に潤滑油を差すと鍵が抜けやすくなりますが、油なら何でもよいというわけではありません。身近にあるからといって調理用の油など鍵穴専用でないものを使うと、劣化を早めるおそれがあるので避けましょう。また、車やバイクのシリンダーは、鍵穴用の潤滑油であっても電気部品の故障につながるので使用しないでください。

鍵穴のなかにピンセットなどを入れ込む

ピンセットや針金を鍵穴の奥まで入れ込んで、掻き出そうとするとシリンダーの内部に傷を付けてしまうおそれがあるので避けましょう。シリンダーに傷が付いて形が変わると、折れた鍵を取り出せたとしてもスペアキーがうまく回らなくなるなど故障の原因になります。

業者を選ぶときに確認しておくべきこと

中折れした鍵が奥に入り込んで埋まっている場合は、自力で何とかしようとせずプロの業者に依頼しましょう。自力での対処に失敗して費用が余計にかかるなら、プロに任せたほうがかかる時間も費用も少なくて安全です。

ただし、業者に依頼する場合も、ポイントを押さえて慎重に検討しないと損をしてしまうケースがあります。業者選びに失敗しないためには3つの注意点を押さえておきましょう。

見積りを出して費用の内訳を確認する

鍵の修理・交換にかかる費用は、技術料と出張料、そしてシリンダーなどの交換には部品代も必要になります。また、早朝・深夜などの時間帯や距離が遠いほど費用が高くなるのが一般的です。業者に依頼したときの平均費用については、鍵開けにかかる料金相場を参考にしてください。

鍵の交換や修理にかかる費用を把握するには、作業前に見積を出してもらい内訳まで確認しておくことをおすすめします。費用の詳細を確認しておかないと、作業後に追加請求をされて業者とのトラブルになるおそれもあります。不明な金額がある場合も業者に質問して、納得したうえで作業を依頼しましょう。

見積り後のキャンセルに対応できるか確認する

業者に問い合わせたときに出してもらえる見積りは、あくまで概算になることを念頭に置いておきましょう。実際に現場まで来てもらった際に、見積りよりも高くなるのは珍しいケースではありません。このため、現場での見積り後のキャンセル料がかかるかどうか確認するのも大切です。

お見積り後にお断りいただいても構いません!!
通話
無料
0120-270-122 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査 お見積り 無料!

同じトラブルを起こさないためには

鍵の修理や交換ができたら、同じトラブルを起こさないように鍵の使い方に注意しましょう。

一度折れた鍵は使わないこと

一度折れた鍵は使わないこと

一度折れてしまった鍵も、「瞬間接着剤で固定できればまた使える」と思われるかもしれません。しかし、同じトラブルが起きる可能性が高いので使わないようにしてスペアキーを使ってください。スペアキーがない場合、折れた鍵ではスペアキーが作れないためシリンダーの交換が必要になります。

定期的にメンテナンスすることも大切

鍵の中折れは、負担による金属疲労も原因ですが、鍵穴にほこりやゴミが詰まっている場合も原因のひとつに挙げられます。このため、鍵穴を定期的にメンテナンスするのも大切です。エアダスターでほこりを吹き飛ばすか掃除機で吸い取るなどして、鍵穴にほこりがたまらないようにしましょう。日頃の使い方次第では、鍵や鍵穴を長持ちさせることができるはずです。

鍵の不具合を感じたら早めに交換する

鍵には寿命があり、使用頻度や環境によって異なりますが、一般的には10年前後とされています。いわば、鍵は経年劣化する消耗品です。

鍵穴が故障している場合は、鍵が差しにくい・回しづらい・抜けにくいといった不具合が起きやすくなります。使えないわけではないからといって同じ鍵を使い続けるのではなく、不具合が続くようであれば早めに交換したほうがいいかもしれません。

また、中折れした鍵に、はみ出した部分があれば必ず自力で取り出せるとも限りません。時間や費用をかけて工具を購入しても、対処に失敗してシリンダーごと交換になれば無駄になってしまいます。安全に中折れの鍵を取り出すには、専門的な知識や技術をもった業者に依頼するのが賢明です。

安全に鍵抜きしたいときはカギ110番にお任せください!

カギ110番では、鍵抜きやシリンダーの交換などをおこなう信頼できる技術をもったプロの業者を数多くご紹介しています。

自分で鍵抜きできるかもしれないけど失敗しそうで怖い……
業者に依頼すると、高い費用がかかりそうで不安……

カギ110番にご依頼いただければ、担当する提携業者がお客さまのもとへ迅速に駆けつけ、安全な方法で鍵トラブルを解決します。

また、現地調査や見積り後のキャンセル料も基本的に無料なので、安心してご利用いただけます。

もし鍵のお悩みがありましたら、たとえ小さなトラブルでも構いませんので、お気軽に鍵110番までご相談ください。

現在、
日本全国最短5分で駆けつけます

他社との比較 お客様の声 ご相談から作業完了まで